2023/12/20 NEWS

2024年1月20日(土)〜2月29日(木) 粛粲寶の生きもの展 開催

leaflet_粛粲寶_表 のコピー

 

 

どこか不思議で、なんだか可愛い。

 

NSG美術館で所蔵している粛粲寶(1902―1994)は新潟市西堀出身の異色日本画家です。

花鳥風月、人物画、仏画などで独特の画風を構築し、高い人気を博しました。今回の展覧会では中でも多く描かれた「生きもの」をテーマとしました。

虎や鹿にまたがる童子、水の中を悠々と泳ぐ魚、鳥と語らう蟹、鳥と戯れる童子、花の間を闊歩する鳥など、それぞれがとても魅力的に描かれています。また、今回はコレクションの中より、粛粲寶が毎年の正月ごとに干支を色紙に描き、お世話になった方々に配った動物の干支色紙も展示します。デフォルメされたユーモラスで愛らしい、それでいて実はリアルにも拘った粛粲寶の動物、水生動物、鳥たちの生き生きとした姿をお愉しみください。

 

開館時間:10:30~18:00(最終入館は17:30まで)

休館日 : 月曜日(祝日または振替休日が月曜日の場合はその翌日)

観覧料 : 一般300円・学生200円・高校生以下無料

 

 

leaflet_粛粲寶展_裏 のコピー のコピー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ARCHIVE

2023

2022

2021

2020

2019

2018

2017

2016