メニューを閉じる

粛粲寶について

しゅくさんぽう

粛粲寶とは

粛粲寶は明治35年に新潟市西堀で生まれ、本名を水島太一郎といいます。花鳥風月・人物画など独特の画風を構築し、高い人気を博しました。
上京後、洋画家の黒田清輝に学び、のちに日本画家の小林古径に学んでいます。
帝展・院展に複数回の入選を果たしますが、一度絵から離れ、奈良の古寺での寄食生活をしました。再び作家活動に入り、以降没するまで60年近く画業一筋の人生をおくりました。

  •  

  • 十一面観音

  • 嘉童仙胎

  • 嘉童羅浮仙

  • 嘉果豊餘

  • 野叟閑々

粛粲寶 略歴

明治35年 (1902)

4月11日、新潟市西堀に生まれる。本名は水島太一郎。
西堀小学校(のちの大畑小学校)卒業。

大正07年 (1918)

上京して働きながら、大倉商業学校(現:東京経済大学)に学ぶ。

大正11年 (1922)

黒田清輝(洋画)主宰の葵橋洋画研究所に入所。

昭和04年 (1929)

帝展初入選。

昭和05年 (1930)

院展初入選。

昭和06年 (1931)

帝展入選。この頃より小林古径(日本画)に師事。

昭和08年(1933)頃~

奈良の古寺にて寄食生活を送る。

昭和12年 (1937)

帰京し再び作家活動に入る。
以後画壇を離れ、個展を中心に作品を発表。

昭和40年 (1965)

38歳年下の中山正男氏と出会う。

昭和47年 (1972)

パリのギャラリー・ベレネーム・ジュンで個展を開催。

平成 元年 (1989)

唯一の弟子であり互いに知友と認め合った中山氏を頼って、
東京都杉並区久我山から茨城県猿島郡(さしまぐん)境町に転居。

平成06年 (1994)

3月13日、91歳で死去。
本人の生前からの強い意志により献体。中山氏が奔走された。
墓所は曹洞宗 養國寺(東京都新宿区愛住町21番地)。

PAGETOP
アクセス

新潟市中央区西船見町5932番地561
大きな地図で見る

開館時間

10:30~18:00
(入館は17:30まで)

休館日

毎週月曜日(祝日、振替休日の場合はその翌日)
12月1日~2月末日(冬期休館)

アクセス 新潟市中央区西船見町5932(大きな地図で見る
開館時間 10:30~18:00(入館は17:30まで)
休館日 毎週月曜日(祝日、振替休日の場合はその翌日) 12月1日~2月末日(冬期休館)
©2017 NSG ART MUSEUM.
お知らせ ご利用案内
アクセス

©2017 NSG ART MUSEUM.