2017/03/29

粛粲寶の翫止水(がんしすい)

翫止水ブログ用

 

先日はユニークな白澤を紹介させて頂きましたが

今回は鳥(丹頂鶴)をモチーフにした作品です

 

画題は「翫止水」(がんしすい)

粛粲寶の作品には文字が絵と一体となって

レイアウトされているものが多いのですが

この作品には鶴の頭部の周りに中国の大詩人

白居易(白楽天)作の同名の漢詩が

独特な書体で描きこまれています

 

「活発な人は流水を楽しむが静けさを好む者は止水を楽しむ」

「流れる水は様々な恩恵や利益をもたらすが己を知るには

止水(池など)のほとりが最適である」

 

そんな書き出しで始まる白居易の詩は止水の清らかさや静かに

万物を映し込む水面の景色を愛で、静寂の中で自分を見つめる事の

大切さを伝えています

「翫」には本来(もてあそぶ)(めでる)(あじわう)などの

意味があります。「止水の趣を深く味わう」というのが

「翫止水」の意味するところでしょうか

 

少し難しい話が続いてしまいましたが、どうですこの丹頂鶴の絵!

そのままキャラクターにでもできそうな存在感でしょう

粛粲寶は多くの鶴を描いていますが

私はこの「翫止水」の丹頂鶴が一番好きです。

 

ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ARCHIVE

2017

2016